停車場遍路の臺灣鐵道迷

台湾に特化した鉄道趣味の記録です、「鐵道迷」は鉄道ファンの中国語です

台鐵縦貫線駅巡り-3:八堵車站



停車場遍路の鉄道ネタ総括表
(各コンテンツへのリンク付き)↓

民鉄・公営・3セクの駅巡りスライドショー一覧表
他のSNSを含むブログのシリーズ記事一覧表


鉄道・風景動画満載です
ぜひチャンネル登録お願いします↓

峠を越えて基隆河流域に入る、左から宜蘭線が合流すると[八堵]に着く。縦貫線は島式ホーム、宜蘭線は相対式ホームになっている。

駅舎:雨除けで駅名表示が見づらくなる(ことを考慮しない)のは日本でも同じである。
f:id:stnvstr:20180416042834j:plain

内部:個人的には駅にコンビニがあるとホッとする、内側に駅名表示があるのは台湾でも珍しい。
f:id:stnvstr:20180416042841j:plain

駅名標
f:id:stnvstr:20180416042733j:plain

駅舎に直結しているのは第一月台(ホーム)で宜蘭線直通列車の台北方面行き乗り場である。台北方を見る
f:id:stnvstr:20180416042858j:plain

振り返る:左は第二月台で宜蘭線直通列車の宜蘭方面乗り場である
f:id:stnvstr:20180416042849j:plain

第二月台で宜蘭方を見る:屋根下の数字は乗車位置番号である
f:id:stnvstr:20180416042912j:plain

振り返る
f:id:stnvstr:20180416042905j:plain

右に振る:右は縦貫線用の第三月台である
f:id:stnvstr:20180416042919j:plain

振り返る
f:id:stnvstr:20180416042932j:plain

台鐵では島式ホームの場合左右をA,Bで識別する。従って第三月台の乗り場の表記は「3A」「3B」となる。縦貫線北上乗り場となる3Bで基隆方を見る。
f:id:stnvstr:20180416042748j:plain

振り返る
f:id:stnvstr:20180416042756j:plain

3A側で基隆方を見る:太魯閣号が宜蘭線で東海岸へ向かう
f:id:stnvstr:20180416042813j:plain

振り返ると第二月台末端が見える。今は柵があるが、もともと右側も乗り場だったと思う。
f:id:stnvstr:20180416042825j:plain

EMU800もだいぶ増えてきた
f:id:stnvstr:20180416042805j:plain

「2:基隆車站」へ戻る「4:八堵車站」へ進む