停車場遍路の臺灣鐵道迷

台湾に特化した鉄道趣味の記録です、「鐵道迷」は鉄道ファンの中国語です

台鐵縦貫線駅巡り-1:基隆車站

日本の旧国鉄に相当する台湾官営の一般鉄道の事業者の名称を「台湾鉄路管理局」と言います。現地では台鐵の略称で呼ばれています。

そのうち台湾島の西側を南北に通る[基隆]から[高雄]までの路線名称を縦貫線と言います。

2018年1月の渡台で北中部の[基隆]―[彰化]と[隆田]―[高雄]の各駅を巡ってきたので、その記録画像を順に載せていきます。

なお、タイトルの「車站」は中国語で駅のことです。


 さて、初回は[基隆]です、かつて地上駅だった頃に訪れた記憶がありますが、島式ホーク2面4線の地下駅になっていました。

南口も大きく変わりましたが、新設された北口です
f:id:stnvstr:20180414092348j:plain

旧南口:現在は(ストリートビューで見ると)建物全体が広告になっているようです
f:id:stnvstr:20180414094109j:plain

駅名標:隣駅までの距離が書かれています
f:id:stnvstr:20180414092335j:plain

間の2線で終端側を見る
f:id:stnvstr:20180414092340j:plain

振り返る:左が第一月台(ホーム)、右が第二月台
f:id:stnvstr:20180414092344j:plain

終端から第二月台の右側を見る
f:id:stnvstr:20180414092352j:plain

終端から第一月台の左側を見る、左上の明かり窓で半地下であることがわかる
f:id:stnvstr:20180414092356j:plain

路線図
f:id:stnvstr:20180414092400j:plain

南口へ
f:id:stnvstr:20180414092404j:plain

EMU700(左)とEMU800
f:id:stnvstr:20180414092410j:plain

「2:三杭車站」へ進む

台鐵縦貫線駅巡り-97:拔林車站

このシリーズを最初から読む最初の記事「1:基隆車站」へ移る


次の[拔林]は相対式ホームの駅である。駅舎は無く、北上・南下それぞれのホームに個別に入口がある。

南下ホーム入口

f:id:stnvstr:20180621075614j:plain

北上ホーム入口

f:id:stnvstr:20180621075537j:plain

駅名標

f:id:stnvstr:20180621075646j:plain

北上ホームで高雄方を見る

f:id:stnvstr:20180621075715j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20180621075728j:plain

上の画像の道路橋から基隆方を見る

f:id:stnvstr:20180621075802j:plain

ホーム相互の行き来は道路橋経由なので案内板がある:北上ホーム側

f:id:stnvstr:20180621075920j:plain

南下ホーム側

f:id:stnvstr:20180621080032j:plain

「96:隆田車站」へ戻る「98:善化車站」へ進む(準備中)