停車場遍路の臺灣鐵道迷

台湾に特化した鉄道趣味の記録です、「鐵道迷」は鉄道ファンの中国語です


↓ 停車場遍路の鉄道ネタ総括表(各コンテンツへのリンク付き)

↓ 私のYouTubeチャンネルは鉄道・風景動画満載です、ぜひ登録お願いします

台鐵縦貫線駅巡り-1:基隆車站

日本の旧国鉄に相当する台湾官営の一般鉄道の事業者の名称を「台湾鉄路管理局」と言います。現地では台鐵の略称で呼ばれています。

そのうち台湾島の西側を南北に通る[基隆]から[高雄]までの路線名称を縦貫線と言います。

2018年1月の渡台で北中部の[基隆]―[彰化]と[隆田]―[高雄]の各駅を巡ってきたので、その記録画像を順に載せていきます。

なお、タイトルの「車站」は中国語で駅のことです。


 さて、初回は[基隆]です、かつて地上駅だった頃に訪れた記憶がありますが、島式ホーク2面4線の地下駅になっていました。

南口も大きく変わりましたが、新設された北口です
f:id:stnvstr:20180414092348j:plain

旧南口:現在は(ストリートビューで見ると)建物全体が広告になっているようです
f:id:stnvstr:20180414094109j:plain

駅名標:隣駅までの距離が書かれています
f:id:stnvstr:20180414092335j:plain

間の2線で終端側を見る
f:id:stnvstr:20180414092340j:plain

振り返る:左が第一月台(ホーム)、右が第二月台
f:id:stnvstr:20180414092344j:plain

終端から第二月台の右側を見る
f:id:stnvstr:20180414092352j:plain

終端から第一月台の左側を見る、左上の明かり窓で半地下であることがわかる
f:id:stnvstr:20180414092356j:plain

路線図
f:id:stnvstr:20180414092400j:plain

南口へ
f:id:stnvstr:20180414092404j:plain

EMU700(左)とEMU800
f:id:stnvstr:20180414092410j:plain

「2:三杭車站」へ進む

台鐵縦貫線駅巡り-13:板橋車站

このシリーズを最初から読む最初の記事「1:基隆車站」へ移る


引き続き地下を進んで[板橋]は2面4線の地下駅である。高鐵への乗換駅で東海道新幹線で例えるなら品川的ポジションである。

駅舎:南から見る

f:id:stnvstr:20180425063320j:plain

駅舎:北から見る

f:id:stnvstr:20180425064756j:plain

南入口

f:id:stnvstr:20180425063602j:plain

案内図:高鐵が上下2層になっている

f:id:stnvstr:20180425063841j:plain

地下一階:左に高鐵の出札(券売機)が見えている

f:id:stnvstr:20180425064205j:plain

地下一階:店舗エリア

f:id:stnvstr:20180425064001j:plain

台鐵改札

f:id:stnvstr:20180425064616j:plain

駅名標

f:id:stnvstr:20180425064856j:plain

北上ホーム北側で高雄方を見る

f:id:stnvstr:20180425065056j:plain

振り返る:[萬華]でもそうだったが地下駅でバラストというのは違和感がある

f:id:stnvstr:20180425065121j:plain

右に振る:右は南下ホーム

f:id:stnvstr:20180425065359j:plain

振り返る:柱のこちら側は通過線だろう

f:id:stnvstr:20180425065449j:plain

「12:萬華車站」へ戻る「14:浮洲車站」へ進む(準備中)