停車場遍路の臺灣鐵道迷

台湾に特化した鉄道趣味の記録です、「鐵道迷」は鉄道ファンの中国語です

台鐵縦貫線駅巡り-4:七堵車站



停車場遍路の鉄道ネタ総括表
(各コンテンツへのリンク付き)↓

民鉄・公営・3セクの駅巡りスライドショー一覧表
他のSNSを含むブログのシリーズ記事一覧表


鉄道・風景動画満載です
ぜひチャンネル登録お願いします↓

[八堵]から次の[七堵]まで、北上の線路は縦貫線と宜蘭線で別々である。つまり北上に限り分岐点が[七堵]で、[八堵]との間は南下と合わせて3線ということになる。これにより、先行する縦貫線の列車が[七堵]を出発してしまえば宜蘭線の優等列車が宜蘭線へ入っていけることになる。

縦貫線南下と宜蘭線北上は平面交差のままだから交差支障が解消されていないが、台鐵の複線は単線x2(単線並列)でどちらの線路も双方向へ運行出来るらしいから、3線区間も単線x3と考えると一本増えるメリットは多いのだろう。


西側にヤードが続いて[七堵]に着く。

この駅は全体としては島式ホーム4面8線(+切り欠き1線)だが、西の2面4線(第三・四月台)は始発・終着列車用になっていて、列車本数的にかなり余裕があると思う。東の2面4線(第一・二月台)がその他の列車用でこちらがメインである。

西口:「七」が英語で'Qi’と書かれているが、発音は「チー」である。
f:id:stnvstr:20180416162618j:plain

駅舎建物の左上に駅名表示あり、それにしてもなんだこの造形物は。
f:id:stnvstr:20180416162624j:plain

駅名標
f:id:stnvstr:20180416162611j:plain

ヤードの下を通るので改札まで遠い。生憎ムービングウォークが使えない。f:id:stnvstr:20180416162628j:plain

2A乗り場の高尾寄りで基隆方を見る:右は第一月台
f:id:stnvstr:20180416162556j:plain

基隆方へ移動し高雄方を見る
f:id:stnvstr:20180416162632j:plain

2B乗り場で高雄寄りで高雄方を見る:右は第三・四月台
f:id:stnvstr:20180416162606j:plain

振り返る:4Bに停まってるのは復興号の客車だけど、縦貫線にまだ残ってたっけ。
f:id:stnvstr:20180416162614j:plain

基隆寄りへ移動
f:id:stnvstr:20180416162643j:plain

振り返る:改札は地下なので、上の建屋は駅ではない何かだ。
f:id:stnvstr:20180416162635j:plain

「3:八堵車站」へ戻る「5:百福車站」へ進む