停車場遍路の鐵道迷的臺灣

台湾に特化した鉄道趣味の記録です、「鐵道迷」は鉄道ファンの中国語です

台鐵縦貫線駅巡り-19:桃園車站



停車場遍路の鉄道ネタ総括表
(各コンテンツへのリンク付き)↓

民鉄・公営・3セクの駅巡りスライドショー一覧表
他のSNSを含むブログのシリーズ記事一覧表


鉄道・風景動画満載です
ぜひチャンネル登録お願いします↓

このシリーズを最初から読む最初の記事「1:基隆車站」へ移る


これまで林口台地を避けて東南東に進んでいた線路は台地の裾に沿って向きを変え北西へ進み[桃園]に着く。橋上化に伴い線路が南へ移転していた。

旧駅舎

f:id:stnvstr:20180501072903j:plain

新駅舎入口

f:id:stnvstr:20180501072951j:plain

改札

f:id:stnvstr:20180501073048j:plain

駅名標

f:id:stnvstr:20180501073233j:plain

ホームは2面3線である、単式の北上ホームで高雄方を見る

f:id:stnvstr:20180501073411j:plain

振り返る:右が島式の南下ホーム

f:id:stnvstr:20180501073725j:plain

基隆方へ移動

f:id:stnvstr:20180501073745j:plain

振り返る

f:id:stnvstr:20180501073802j:plain

旧駅舎と直結だったった旧ホーム

f:id:stnvstr:20180501073926j:plain

自由通路から高雄方を見る:旧構内が丸ごと残っている、橋上化だけならホームはリニューアルするだけでいいと思うが、線路の直進性を損なってまで丸ごと新しくしたのだろう。日本なら一旦仮線へ移す。

f:id:stnvstr:20180501074413j:plain

自由通路から基隆方を見る:もともと南(画像右側)に膨らんだ広い構内があったにせよ、日本ではこのやり方はしない。

f:id:stnvstr:20180501074719j:plain

新ホームから見た旧構内

f:id:stnvstr:20180501074943j:plain

 「18:鶯歌車站」へ戻る「20:內壢車站」へ進む