停車場遍路の鐵道迷的臺灣

台湾に特化した鉄道趣味の記録です、「鐵道迷」は鉄道ファンの中国語です

台鐵縦貫線駅巡り-9:南港車站



停車場遍路の鉄道ネタ総括表
(各コンテンツへのリンク付き)↓

民鉄・公営・3セクの駅巡りスライドショー一覧表
他のSNSを含むブログのシリーズ記事一覧表


鉄道・風景動画満載です
ぜひチャンネル登録お願いします↓

このシリーズを最初から読む最初の記事「1:基隆車站」へ移る


[汐科]から先で丘を掘割で通って台北市へ入り、地下にもぐって[南港]に着く。台湾高速鉄道(以下「高鐵」)がここまで延伸され、台鐵も地下駅となった。

高鐵と台鐵のマークが並ぶ入口
f:id:stnvstr:20180421123302j:plain

出札口
f:id:stnvstr:20180421123357j:plain

改札口
f:id:stnvstr:20180421123442j:plain

駅名標
f:id:stnvstr:20180421123534j:plain

ホームは2面6線あるが中央の第二月台が南下、北にある第一月台が北上用である。なお、保守車両用の側線もあるらしいが確認していない。

南下ホームで基隆方を見る
f:id:stnvstr:20180421123939j:plain

振り返る:右が第一月台
f:id:stnvstr:20180421124015j:plain

左に振るとホームの反対側は東海岸への短絡線(未開業)用のため未使用の第三月台である
f:id:stnvstr:20180421124203j:plain

「8:汐止車站」へ戻る「10:松山車站」へ進む